美容成分 役割

美容成分をしっかり理解していませんでした

美容成分とは、まさしく基礎化粧品に含まれる成分であり、美容や美肌に効果がある成分を指します

 

ただ、美容成分と一口に言っても色々あり、美白成分、保湿成分、アンチエイジング成分、紫外線防止成分など、目的によって使い分けられます。

 

最近注目されている美容成分には、マンダリンクリアがあり、これは、角質細胞にハリを与えることで、肌に透明感を与える効果があります。また、甘い香りと他にはない食感のキュアパッションフルーツには、リンパ管ケアによるアンチエイジング効果があると言われています。

 

美容成分の代表的なものには、天然保湿因子、ヒアルロン酸コラーゲン、ビタミンC誘導体、ビタミンB3、オウゴンエキス、リコピン、グレープシードエキスなどがありますが、最近最も注目を集めている美容成分に、プロテオグリカンがあります。この成分は、肌の中に元々あるハリや弾力を保つのに欠かせないもので、コラーゲン、ヒアルロン酸と並んで、肌を綺麗にするリーダー的な成分です。

 

プロテオグリカンはヒアルロン酸の130%の保湿力により、シワやたるみをケアし、ヒアルロン酸とコラーゲンの生成を助けることで、うるおいと弾力をアップさせます。また、肌荒れを改善する抗炎症効果や、肌を生まれ変わらせるEGF様作用もあります。

美容成分の役割って知らないことばかりだった記事一覧

プロテオグリカンとは、あまり聞き慣れない言葉ですが、動物成分の多糖の研究中に発見された成分で、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸の構造解析を行う中、見出されたものです。一定の結合様式を持つ分子の総称であり、セリンと糖質のキシロース←ガラクトース←ガラクトース←グルクロン酸が結合した、多糖体が結合した化合物を指します。プロテオグリカンは、本来...
詳細を見る
プラセンタとは、英語で胎盤を表しますが、一般的に用いられているプラセンタは、胎盤から成長因子や栄養素を抽出したものを指します。肝臓病や婦人病の注射や薬として認可されたものもあり、色んな所で評価されています。最近では、健康食品や化粧品によく応用されていて、知名度が随分高くなってきました。プラセンタの効能でよく知られているのはアンチエイジング...
詳細を見る
コラーゲン鍋やコラーゲン入りの飲み物など、最近はコラーゲンという文字を見かける機会が増えました。でもこのコラーゲンって一体どんなものなのか皆さんは知っていますか?コラーゲンと利くとゼリーのようなものをイメージする人も多いかと思います。そのイメージからなんとな肌に弾力を出したり、潤わせたりする成分と思っている方も多いコラーゲンですが、そのイ...
詳細を見る
ヒアルロン酸とは、学術上はヒアルロナンと呼ばれているのもので、悪性胸膜中皮腫の腫瘍マーカーです。胸水でのヒアルロン酸の検出はこれを意味していて、肝硬変になると血清中のヒアルロン酸濃度が上昇します。一般的に、ヒアルロン酸は人間の身体のあちこちに存在していて、生化学的にはムコ多糖類の一種になります。1934年に発見された成分で、牛の硝子体から...
詳細を見る
美容関連の商品でよく名前を目にするローヤルゼリー。このローヤルゼリーって一体なんなのか皆さんはご存知ですか?ローヤルゼリーとは蜂のなかでも働き蜂から分泌される、薄い白色をしたクリーム状の物質です。ローヤルゼリーは王乳とも言われ、このローヤルゼリーを食べて成長する女王蜂は普通の働き蜂の40倍も長く生きるといわれています。蜂蜜の一種と間違えて...
詳細を見る
美容と健康には欠かせないアミノ酸ですが、その理由は私たちの体はアミノ酸が作り出すたんぱく質からつくられているからなんです。たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されており、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分かれています。アミノ酸は体の血管、内蔵、皮膚、筋肉、髪の毛などの元になるたんぱく質をつくり、私たちの体を支えるために重要な働きをしていま...
詳細を見る