肌がボロボロ

アトピー肌で困っているなら肌

悩み知らずの肌を目指したい方をサポートする驚きのスキンケア商品はなんと、砂糖で出来てます

 

 

服で肌を隠し、鏡も見ないほどのひどいアトピー肌だった娘さんがモデルになるほど綺麗な肌になれたスキンケア商品でもあります。

 

どんな保湿ケアをしても肌がボロボロになってしまう!化粧とかしたいけど合う商品が見つからない!
皮膚科で処方してもらった保湿クリームも合わなくなってきた!
秋口や春先は外になるべく出ないようにしたり、夏でも陽に当たらないように長袖をきたり・・・
とアトピーや敏感肌の悩みを持つと本当に嫌になります。

 

顔面アトピーだと一度、症状が出ると落ち着くまでもう憂鬱!

 

でも、病院で貰う強い薬はできれば使いたくない、でも市販の薬だと治すどころが症状が悪化してしまうという悩みを持っているのではないでしょうか?でも、体に負担のかかる成分が入ってない薬ってなかなかないのが現状でした。

 

この、みんなの肌潤糖は主原料の砂糖の砂糖をはじめとして肌に優しい成分だけを使っているからアトピー肌でも使えます。

 

 

みんなの肌潤糖は多くのアトピー肌の悩みを解決している化粧品です

 

肌潤糖はなぜ砂糖なのか?

でもどうして砂糖なのでしょう?
肌潤糖が砂糖で出来ているには理由があります。砂糖を使ったことで今まで感じたことの無い肌の保湿を感じるようになります。アトピー肌は肌の保湿が上手くできていない状態で起こっていますので、肌本来の機能を取り戻せます。

 

肌潤糖は特殊な砂糖
もちろん普通の砂糖とは違います。肌への刺激が最小限になるように、特殊微粒子加工で細かくした上に、植物コーティングをしてあります。

 

砂糖の働きに注目
肌潤糖の砂糖は、体温と水分で融けて肌に馴染みやすくなります。そして肌の角質の奥まで浸透し、水分をグングン引き寄せるのです。もともと砂糖は水分を吸水する力があるのでそれを上手く利用してあります。

 

 

続きは公式サイトで確認

 

 

肌潤糖を使うときの注意点

入浴時や洗顔時に水で溶いて伸ばして、顔に付けたり体に付けたりして使います。
今まで同様にお風呂に入って、朝洗顔してと普段使っていた製品をみんなの肌潤糖に変えるだけですので楽ですよね。

 

  • 使うときは濡らした状態で使う
  • 濡らさずそのまま使うと肌を傷つけてしまうことがあるので注意
  • 保管している分に水が混ざらないようにする
  • 決まった分量をつかうこと。少ないと効果が現れにくい

 

1度使っただけで、肌の状態が全然違う…という方がほとんどだといいます。
その大きな変化が支持されて、今では【2分に1個】売れる人気商品となっています。

 

 

全成分

ビート糖、ココナッツオイル、ヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油、 ヒマワリ油、サフラワー油、ビタミンE、グレープフルーツ果皮油、 オレンジ果皮油、レモン果皮油、ジャスミン油