肌がボロボロ

悩み知らずの肌になりたいですか?

悩み知らずの肌を目指したい方をサポートする驚きのスキンケア商品はなんと、砂糖で出来てます

 

 

服で肌を隠し、鏡も見ないほどのひどいアトピー肌だった娘さんがモデルになるほど綺麗な肌になれたスキンケア商品でもあります。

 

どんな保湿ケアをしても肌がボロボロになってしまう!化粧とかしたいけど合う商品が見つからない!
皮膚科で処方してもらった保湿クリームも合わなくなってきた!
秋口や春先は外になるべく出ないようにしたり、夏でも陽に当たらないように長袖をきたり・・・
とアトピーや敏感肌の悩みを持つと本当に嫌になります。

 

顔面アトピーだと一度、症状が出ると落ち着くまでもう憂鬱!

 

でも、病院で貰う強い薬はできれば使いたくない、でも市販の薬だと治すどころが症状が悪化してしまうという悩みを持っているのではないでしょうか?でも、体に負担のかかる成分が入ってない薬ってなかなかないのが現状でした。

 

この、みんなの肌潤糖は主原料の砂糖の砂糖をはじめとして肌に優しい成分だけを使っているからアトピー肌でも使えます。

 

 

みんなの肌潤糖は多くのアトピー肌の悩みを解決している化粧品です

 

 

肌潤糖はなぜ砂糖なのか?

でもどうして砂糖なのでしょう?
肌潤糖が砂糖で出来ているには理由があります。砂糖を使ったことで今まで感じたことの無い肌の保湿を感じるようになります。アトピー肌は肌の保湿が上手くできていない状態で起こっていますので、肌本来の機能を取り戻せます。

 

肌潤糖は特殊な砂糖
もちろん普通の砂糖とは違います。肌への刺激が最小限になるように、特殊微粒子加工で細かくした上に、植物コーティングをしてあります。

 

砂糖の働きに注目
肌潤糖の砂糖は、体温と水分で融けて肌に馴染みやすくなります。そして肌の角質の奥まで浸透し、水分をグングン引き寄せるのです。もともと砂糖は水分を吸水する力があるのでそれを上手く利用してあります。

 

 

続きは公式サイトで確認

 

 

肌潤糖を使うときの注意点

入浴時や洗顔時に水で溶いて伸ばして、顔に付けたり体に付けたりして使います。
今まで同様にお風呂に入って、朝洗顔してと普段使っていた製品をみんなの肌潤糖に変えるだけですので楽ですよね。

 

  • 使うときは濡らした状態で使う
  • 濡らさずそのまま使うと肌を傷つけてしまうことがあるので注意
  • 保管している分に水が混ざらないようにする
  • 決まった分量をつかうこと。少ないと効果が現れにくい

 

1度使っただけで、肌の状態が全然違う…という方がほとんどだといいます。
その大きな変化が支持されて、今では【2分に1個】売れる人気商品となっています。

 

 

全成分

ビート糖、ココナッツオイル、ヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油、 ヒマワリ油、サフラワー油、ビタミンE、グレープフルーツ果皮油、 オレンジ果皮油、レモン果皮油、ジャスミン油

 

 

肌潤糖以外の人気商品

もずの魔法石鹸


もずの魔法石鹸は、ガザガザ肌や乾燥肌でもしっかり保湿できるシンプルなスキンケア商品です。強い保湿力をもつフコダインを主成分とし、天然の植物エキスも配合してあります。肌の弱い人でも使えるようにパラベンフリー、無着色、無香料となっています。楽天市場 スキンケア洗顔部門第1位、みんなのアトピー対策ランキング1位などとなった人気商品です。

HappyTouchナチュラルソープ


ハッピータッチナチュラルソープは大人気の韓国石鹸です。100%無添加の石鹸となり、様々な肌トラブルに働きかけます。配合されている成分も韓国産の天然高給成分やプレミアムハーブなどとなります。保湿力も抗菌力も強いのに洗浄力も強いですから、クレンジング剤なしでも綺麗に洗顔することができる優れた洗顔石鹸です。

オージュンヌ


オージュンヌは敏感肌用に作られた化粧水です。発売以来、多くの女性誌で絶賛されています。オージュンヌも肌によくないとされる成分は配合しないのでアトピー肌でも使える化粧水となります。オージュンヌのこだわりは使用している水です。研究を重ねた結果たどり着いた優れものです。

肌にいい食べ物

肌にいい食べ物というよりも肌に必要な成分はやはりビタミンが欠かせません。数多くあるビタミンの中でも特に肌に必要なビタミンとされているものは4つあり、ひとつはビタミンE、身体の中の酸化を防止し、肌の保湿効果があります。ビタミンEが多くふくまれている食べ物は植物油、アーモンド、ピーナッツ、緑黄色野菜、うなぎ、小麦胚芽などがあります。ふたつめはビタミンCで、コラーゲン(肌の弾力、ハリに効果あり)の合成を促し、肌を黒くするといわれているメラニン色素が増えたり、肌に沈着するのも防ぎます。主にパセリ、キウイ、ピーマン、いちご、トマトに含まれています。3つめはβカロチン。摂取することによって、体内でビタミンAに変化し、肌のあれや皮膚の病気に効果があるとされています。カボチャ、ニンジンに多く含まれています。4つめはビタミンB2で、血液の流れをよくし、身体の酵素が抗酸化物質としてのヘルプをします。干ししいたけ、さば、納豆、どじょう、レバーに多く含有されています。4つのビタミンに加え、コラーゲンはもちろんのこと、リジンも肌に良い成分として知られています。コラーゲンはお肌のツヤ、弾力またはハリに効果があり、牛肉のスネ部分、豚足、ひらめ、カレイを食べると良いでしょう。リジンは人間の身体の中では生成することのできないアミノ酸のひとつで、肌をきめ細やかに整える働きがあります。さやインゲン、さやえんどう、特に肉、魚には多く含まれています。